FXスキャルピング手法について。

スキャルピング必勝法を見つけることができれば、スキャルピングの損失回数0回を達成することができるし、スキャルピング利益獲得回数100回を達成することができるとFX初心者は本気で思い込んでいます。これに分類される人は、スキャルピングで爆益を出すことに執着して、100パーセント勝てるところで、200ロット固定でポンド円スキャルピングをするという行動を起こします。

スキャルピング必勝法は重要ではなく、メンタルコントロールが重要であるときづくことができれば、スキャルピングの損失回数を限りなく0回に近づけることができるし、スキャルピングで利益確定を10回達成できます。これに分類される人は、勝率10%~勝率40%のスキャルピング時には損切りをしていき、勝率80%~勝率100%のスキャルピング時には損切りをしないでいきます。今回は、FXスキャルピング手法について。触れていきます。

FXスキャルピング手法について。

FXスキャルピング手法を身につけよう意気込む人は、スキャルピング手法の知識を身につけるために時間を費やすようになりますが、スキャルピングで損失を小さくする上で重要なことを学ぼうとはしません。これに当てはまる人はスキャルピングで累計100pips以上の利益を出す体験をした後に、たった1回のスキャルピングで300pipsの損失を出すという体験をすることになります。

FXスキャルピング手法を身につけても、スキャルピングトレード収支マイナスを継続中の人は、スキャルピングの手法の勉強をこれ以上しても無駄で、FXで重要なのはリスクを取らない選択ができるようになること・ロット数を落とす習慣をもつこと・ある程度ロット数が大きいときは損切りする決断を持つことの3つが重要だという事実に気づいています。これに当てはまる人は、海外FX口座でスキャルピングを何年も継続することができれば、いつかは勝ち組FXトレーダーになれます。

スキャルピングで利益額を最大にする手法のルール。

FXスキャルピングで利益額を最大にする手法のルールは、ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕を使う勇気をもつこと。&すぐに利益確定をしたい感情を抑えること。&大衆FXトレーダーの裏を取ってやろうという意識を持つこと。&自分が望んでいない未来について考えておくこと。&受け止められる損失額と同額の金銭を海外FX口座に入金すること。などがあります。

1.ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕を使う勇気をもつこと。

ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕を使う勇気がなく、低レバ〔レバレッジ1倍・レバレッジ3倍・レバレッジ5倍・レバレッジ10倍〕でスキャルピングをする人は、海外FX口座内の自己資金10万円をキープすることはできるが、海外FX口座内の自己資金10万円を3億円にしたという体験をすることができない。これに当てはまる人が、FXスキャルピングで爆益を得るには、スキャルピングで損失を出したくない気持ちをいったん忘れ、スキャルピングで損失を出してもどうにかなるだろうという気持ちをもてばいいだけ。

ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕を使う勇気があり、ハイレバ〔レバレッジ100倍・レバレッジ200倍・レバレッジ400倍・レバレッジ1000倍〕でスキャルピングをする人は、海外FX口座内の自己資金10万円のすべてを失うリスクを背負う代わりに、海外FX口座内の自己資金10万円を6億円にするという体験ができる。これに当てはまる人が、スキャルピングでの損失額を小さくするには、過去のハイレバトレードで大損した為替相場には参加しないか、自分の意思を捻じ曲げて低ロットでスキャルピングをするかの二つの選択肢がある。

2.すぐに利益確定をしたい感情を抑えること。

ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕を使わずに、低レバ〔レバレッジ3倍〕でスキャルピングをしていると、レバレッジ3倍分の損失額になり、損切りしなくても自分が破滅することがないのだから、レバレッジ3倍のドル円ポジションをアホールド〔アホになってホールドすること〕を実行してみようという決断をすることができます。これに分類される人は、損切りする決断力を身につけることはできないが、FX取引で1日で大損することもないし、最終的にはFX取引で利益を出せたりします。

ハイレバ〔レバレッジ1000倍〕でスキャルピングをしていると、レバレッジ1000倍スキャルで損失を出すことだけは回避したいという感情に支配されて、レバレッジ1000倍のドル円ポジションをすぐに利益確定してしまいます。これに分類される人がアホールドするスキルを身につけるには、レバレッジ1000倍スキャルで損失をだしていいし、レバレッジ1000倍スキャルで有り金を全部うしなかてもいいと思えるようになればいいだけ。

3.大衆FXトレーダーの裏を取ってやろうという意識を持つこと。

低レバレッジのスキャルピングをしている人が、自分の直感を信じて適当にスキャルピングをすると、一時的にスキャルピング損失が60pipsになったとしても、次の日にはスキャルピング損失が0pipsになっていたりします。これに分類される人が、大衆FXトレーダーの裏を取ることを意識してスキャルピングをすることができるようになると、誰も認める最強のFXトレーダーにあんれます。

ハイレバレッジのスキャルピングをしている人が、大衆FXトレーダーの裏を取ってやろうとしている側の思惑通りに為替相場が動くときに、大衆95パーセント側の思考回路でスキャルピングをすると、スキャルピングで大損します。これを回避するには、大衆FXトレーダーの裏を取ってやろうとしている側の思惑通りに動く為替相場に参加しないようにするか、自分が大衆FXトレーダーの裏をとってやろうとしている側に回ればいい。

4.自分が望んでいない未来について考えておくこと。

FXで利益を最大限にすることができず、スキャルピングで金を減らし続けている人は、自分の思惑通りに為替相場が動くと思い込み、自分が望んでいない未来については一切考えていません。これに当てはまると、自分が絶対に正しいのだから、スキャルピング時に損切りをしないぞとか、自分が絶対に爆益をだせることは決まっているという思考になります。

FXで利益を最大限にすることでき、スキャルピングで金を増加させることができている人は、自分の思惑通りに為替相場が動かないことが普通だし、自分が望んでいない未来が訪れることはあるという思考を持っています。これに当てはまると、自分は絶対に正しいとは断言することはできないから、スキャルピング時に損切りをするぞとか、自分が絶対に爆益を出せることは決まっていないという思考になります。

5.受け止められる損失額と同額の金銭を海外FX口座に入金すること。

FXスキャルピングで損失の連鎖に巻き込まれていて、FXスキャルピングをすればするほど金がなくなっていく人は、受け止められない損失額と同額の金銭を海外FX口座に入金しています。これに関して言えることは、FXスキャルピングの調子がよいと海外FX口座に多額の資金をいれておいてよかったという感想を残しますが、FXスキャルピングの調子が悪いと、海外FX口座に数万円だけ入金しておけばよかったという感想を残します。

FXスキャルピングで爆益の連鎖に巻き込まれて、FXスキャルピングをすればするほどお金が増えていく人は、受け止められる損失額と同等の金銭を海外FX口座に入金しています。これに関して言えることは、海外FX口座に1万8000円しかない状態だと、人間は1万8000円しか損失を出さないで済むから安心という価値観を持ちますし、海外FX口座に100万円もある状態だと、人間は100万円の損失を出すかもしれないから危険であるという価値観を持ちます。

FXスキャルピングで損失額を最小にする手法のルール。

FXスキャルピングで損失額を最小にする手法のルールは、なんとかなるだろうという思考を捨てること。&自分の都合を相場に持ちこむことをやめる。&絶対に勝てるに決まっていると思いこまないこと。&ロット管理ができるようにすること&必要な損切り回数を増やし、必要がない損切り回数を減らすこと。

1.なんとかなるだろうという思考を捨てること。

FXスキャルピング時になんとかなるだろうという思考を持つと、なんとかなるから損切りをしない・なんとかなるから高ロットでスキャルピングをする・なんとかなるから為替相場を様子見しないというリスクがある選択をしてしまいます。これに分類される人は、スキャルピングで、50万円クラスの大損を体験することになるだろう。

FXスキャルピング時になんとかなるだろうという思考を持たないと、なんとかならないこともあるから損切りする・なんとかならないこともあるから低ロットスキャルピングをする・なんとかならないこともあるから為替相場を様子見するという安全な選択をしています。これに分類される人は、スキャルピングで凄まじい利益を出すことはないが、スキャルピングでそれなりの利益を出し続けている。

2.自分の都合を相場に持ちこむことをやめる。

FXスキャルピング時に自分の都合を相場に持ち込むことの概要は、今月スキャルピングで10万円以上の利益を出さないといけない・自分がスキャルピングをするときは絶対に20pipsの利益を出さなければいけない・今の数倍の利益を出すためにハイレバスキャルピングを実行する・損失を出すことを回避したいから絶対に損切りをしないなどの4つとなっています。これら4つの自分の都合を持ち込んでスキャルピングをしている人は、スキャルピングで何度も大損します。

FXスキャルピング時に自分の都合を相場に持ち込まないようにするには、スキャルピングで10万円の利益を出すことの重要度は低く、スキャルピングで損失を出さないことの重要度が高いという認識をもつようにすることと、高ロットでスキャルピングをしたくなるたびに、高ロットスキャルピングを我慢したほうがいいと自分に思い聞かせる癖をつけることの二つが必要。

3.絶対に勝てるに決まっていると思いこまないこと。

FXスキャルピング時に、絶対に勝てるに決まっていると思い込むと、自己資金を守るために必要な損切り行動や損失を出すかもしれないから様子見しようとする行動や損失額を小さくしたいからロット数を抑えておこうする行動の3つを実行しなくなります。これに当てはまる人は、ドル円ポジションの損切りを見送ったことで自己資産の半分を失ってしまったり、為替相場の様子見をしなかったことで自己資産すべてを失う結末になってしまったり、ロット数を上げすぎてしまったことで自己資産の3分の1を失ってしまったりします。

FXスキャルピング時に、絶対に勝てるに決まってると思い込まないと、FXで絶対に勝てることはないのだから、ロット数を抑える・損切りをすることの二つを重視してスキャルピングをしていこうと心に決めます。これに当てはまる人は、国内FXのスキャルピングで自己資金の2分の1程度のお金を稼ぎだすことができます。

4.ロット管理ができるようにすること

FXスキャルピング時にロット管理ができない人は、ロット数を増やせば増やすほど利益増加スピードが上昇していき、ロット数を少なくすれば、利益増加スピードが減少という思考になっています。これに当てはまる人が覚えておく追加情報は、ロット数を増やせば増やすほど、損失増加スピードが上昇していき、ロット数を少なくすればするほど、損失増加スピードが減少していきます。

FXスキャルポング時にロット感じができる人は、自分にとって明らかに優位性があるときにはロット数を増やす・自分にとって明らかに優位性がないときはロット数を減らすの二つを徹底して、海外FX口座でスキャルピングをしています。

5.必要な損切り回数を増やし、必要がない損切り回数を減らすこと。

FXスキャルピングで資金を増やせている人は、損切りをしないと損失が拡大していく場面での損切りをする回数を増やし、損切りしなければ最終的に利益が出る場面では損切りをしないことを徹底していますが,FXスキャルピングで資金を減らし続けている人は、損切りしないと損失が拡大していく場面では絶対に損切りをしないで、損切りをしなければ最終的に利益がでる場面では何故か損切りをするという特徴があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加